Recruit 新卒・中途・アルバイト採用サイト

環境

ENVIRONMENT

仕事の成功のために。幸せな人生のために。
頑張るひとり一人を
大庄は全力でバックアップします。

研修制度

TRAINING

人こそが財。大庄の研修は入社後からスタートする階層別研修の他、自らの能力を高めるための職能別研修・自己啓発研修があります。

階層別研修<必須>

①新入社員導入研修(新卒者)
②サクセス研修Ⅰ(新入社員・中途入社者)

会社の理念や制度を学び会社理解を深めるとともに基本的な接客、衛生管理を学びます。

③サクセス研修Ⅱ(主任)

役職者としての心構えや考え方を学ぶとともに接客の上級テクニックをOJTで身に付けていきます。

④サクセス研修Ⅲ(店長・調理長)

店舗・部署の責任者として部下の育成やリーダーシップを学びます。 「マネジメント」や「経営」についてが、学びの中心となります。

⑤サクセス研修Ⅳ(次長・課長)

幹部用研修。部署もしくは5〜10店舗をマネジメントするために 必要な知識とスキルを身に付けていきます。

⑥キャッチアップ研修

継続的な学習を目的とした研修。最終受講から5年を目安に、各階層で再研修を行って知識とスキルの再確認を行います。

階層別研修<必須>の流れ

職能別研修<選択>

①ホール職対象

グローイングアカデミー講座(外部講座)、カクテル講座(外部講座)

②調理職対象

寿司講座、洋食講座、中華講座、スイーツ講座

自己啓発研修<選択>

  • ①利き酒コース
  • ②調理師免許コース
  • ③専門調理師コース
  • ④ふぐコース
  • ⑤安全衛生推進者コース
  • ⑥通信教育(簿記2級・宅建・ビジネス法務検定2級・秘書検定準1級)

※合格者に対して、通信教育費用は会社負担(合格通知書提出後の支給)

日本調理アカデミー

ACADEMY

『日本調理アカデミー』
大庄には一流の調理師を育てるシステムがあります。

1978年:社内研修センターとして「日本料理専門学院」を設立。

1985年:現厚労省・東京都認定の「東京都調理高等職業訓練学校」を開校。

2009年:「職業能力開発短期大学校」へと発展。

2013年:調理師養成校として認可。調理師養成科を開設。
1年で調理師免許が取得できることとなりました。

このように大庄では調理技術から衛生学、さらにはマネジメントまで 体系的に学べる育成環境を整えてきました。

日本調理アカデミー普通課程・専門課程において、カリキュラムを終了し、 最終修了技能検定に合格すれば、国家資格である調理師技能士補の資格が取得できます。
和・洋・中の幅広い学科・実技と併せて、庄やグループでの店舗実習を 積極的に行っています。卒業生の多くが食の第一線で活躍しています。

http://www.nihon-chouri.ac.jp/