Recruit 新卒・中途・アルバイト採用サイト

社員紹介

STAFF INTERVIEW

母親の様な愛情で接する。
これが私の接客スタンス。
沢山の方と出逢いたい。

平野敬子 店長 2012年新卒入社

“世の中で一番深い愛情は、母親の無償の愛。そのような愛を示せるお店を作る。” 平野敬子は、内定式前に聞いた社長(現会長)の話に感銘を受ける。以来、その言葉を胸に、ひとり一人のお客様に接しているという。

接客に興味を持たせてくれたのは大庄でした。

食に携わる仕事がしたかったので、食品メーカーも含め、いろいろな企業の説明会に参加しました。その中で、大庄で聞いた“母親の無償の愛”という言葉が一番心に響きました。単に料理を運んで終わりではない。大きなチェーン店であっても、お客様と親密になれる。アルバイトでも接客の経験はありませんでしたが、「自分を試してみたい」。とてもポジティブな気持ちで、そう思えました。

入社3年目に店長へ昇格。同期の中ではTOPでした。

特別なことをしたわけではありません。「母親の様な愛情で、お客様と接していく」。 そのことを素直に実践しただけです。調理長におすすめ料理を確認し、「ひと皿いかがですか?」そう言って一卓ずつ回る。いつしか私の顔を見に来てくれるお客様が増え、リピート率があがりました。結果的に売上が伸び、ある月においては、過去5年間で最高の売上を達成しました。社内掲示板にも載せられ、周囲からはおめでとうコール。大きな自信となりました。

今の目標は、複数店舗を管理する幹部を目指すこと。

入社時の目標は、3年以内に店長になることでした。それは2年2ヵ月で実現しました。今の目標は、より多くのお客様と出会うため、複数店舗を管理する立場になることです。「美味しかった。今日来て良かったよ。」そんな声をもっともっと聞きたいと思っています。

平野敬子 店長 2012年4月入社

“私のモチベーションはお客様と話すこと。一番楽しい!”そう話す平野敬子。 店長からさらに幹部を目指す今も、その気持ちは変わらないという。

ある日のタイムスケジュール

12:00 出社

・ホール/接客業務

14:00 休憩

16:00 店舗管理業務

・仕入れ、
 調理長と打ち合わせ

・伝票確認、予約管理

・近隣企業への営業

・夕方からの売上目標設定

17:00 営業

・ホール/接客業務

24:00 閉店

・報告、退社

ほかの社員の紹介はこちら

STAFF INTERVIEW